純藍藍の青汁(じゅんあいあいのあおじる)はポリフェノールが豊富に含まれた青汁。メディアでも取り上げられたモデルまでも愛用中の青汁です。善玉菌も入ってて赤ちゃんも飲める青汁で、話題沸騰中なのだとか。野菜不足を認識している人にはうれしい青汁ですね。

公式サイト◎藍の青汁
毎日スッキリできない、太りやすくなった、その原因は野菜不足かもしれません。意識して野菜を摂るように頑張っても、最近はそもそもの野菜の栄養素が低下ぎみ、十分な栄養素を補えているとは言えない、そんな現状も問題です。



これからイベントごとがたくさん控えていますが、皆さん野菜は摂れているでしょうか?クリスマスにはケーキやチキン、お正月にはおせちやすき焼きなどごちそうが続きますがどうしても野菜が不足して、挙句体重が見たことない数字になります。(私)



50代にもなると体重ってすぐ増えます。極端なダイエットは年齢的に無理なんですよね。だからバランスよく食べて毎朝スッキリしていれば太らないはずなんでが。。。。ここは青汁でも飲んで野菜不足解消したいとネットで調べたらでてきた愛の青汁。ちょっと他の青汁と違うので紹介します。


青汁は、野菜不足を手軽に補う方法の1つですが、濃い藍の青汁は他の青汁とは違います。その違いとは、藍染めの原料でもある藍が配合されていることです。


島根県の伝統工芸品、出雲織にも使用されている藍は、たっぷりの食物繊維と、バランス良く含まれた鉄分と亜鉛、ブルーベリーの4倍以上ものポリフェノールを含んだ健康植物でもあります。


純藍藍の青汁にポリフェノールが含まれているんですが最近新たに3種類のポリフェノールが発見されて注目を集めています。それは3種のフラボノイドで純藍ポリフェノールと名付けられているんですよ。


また藍は一般的な青汁原料の明日葉やケールよりも植物繊維、鉄分、亜鉛などミネラルが豊富なのも特徴です。



もちろん、青汁の定番である大麦若葉や桑の葉、クマザサも同時に配合、島根県の藍農家と共同栽培している藍を含め、全て国内産なので安心です。


乳糖果糖オリゴ糖が、食物繊維と共に善玉菌をサポート、毎日のスッキリを支えます。

水やお湯に溶かして飲むだけでなく、牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜたり、レモン果汁を加えて酸味、はちみつや黒糖で甘みをプラスするなど、アレンジ次第で、毎日飽きずに続けられます。


藍の青汁口コミ
※美容にもよいと実感していて主人も不規則な仕事でも毎日頑張れると言ってくれています。



※夫婦で飲んでいます。運動の途中での水分補給にしています。抹茶のような色と風味でほんのり甘いので飲みやすいです。藍の青汁はホットでもアイスでも飲めます。



※子どもが小さいときから野菜不足が心配で飲ませています。飲みやすいので喜んで飲んでくれて今では家族全員が飲んでいます。1カ月に3つ注文しています。


※今までは3日出なかったものが愛の青汁を飲むようになって1日から2日に一回でるようになりました。それも力むことなく自然に出ます。牛乳と混ぜると抹茶ミルクみたいで美味しいんですよ。



濃い藍の青汁は、携帯にも便利なスティックタイプ、1箱は30袋入り、通常価格は税別3,300円ですが、通常定期価格は2,970円です。
特別キャンペーン中の今、お得な定期便を申し込めば、毎月先着300名に限り、初回は1,800円で購入できます。


いつでも休止や解約ができますが、全額返金保証が付いているから安心、口に合わずに続けられないかもしれない、そんな心配は不要です。
公式サイト◎藍の青汁